• HOME
  • お知らせ
  • 薬価収載による後発医薬品調剤体制加算への影響

ユナイテッドサーブからのお知らせ

[2014/06/23] お知らせ

薬価収載による後発医薬品調剤体制加算への影響

6月20日、ディオバン、アーチストなどの後発医薬品が薬価収載されました。
それに伴い、厚生労働省より、後発医薬品の有無に関する情報が更新されています。


リストはこちら
上記のリストによると、
「後発医薬品がない先発医薬品」から「後発医薬品がある先発医薬品」への切り替えに猶予期間が設けられています。
 
  例.ディオバン、アーチスト、プレミネント
           ・・・ 平成26年7月1日~
     ブロプレス    ・・・ 平成26年10月1日~
 
この切り替えは、後発医薬品調剤体制加算の計算に大きく影響してきます。
が、猶予期間を設けることにより、「収載日」と「発売日」のズレによるマイナス影響は回避できそうです。